むくみは色々な要因によって引き起こされます。

栄養障害や血行障害、心臓や腎臓、肝臓などのの機能低下が原因となってるケースもありますし、女性の方でしたら、月経時にむくみが出ることもあります。
情報参考サイト:むくみ解消徹底ナビ|サプリ・グッズを一挙紹介


ずっと立ち仕事をしていたり、睡眠不足だったり、妊娠時にむくむという場合もあり、過労によるものも考えられます。



足首の部分を押して跡が残る、顔が腫れぼったく感じる、瞼が垂れるという場合は、これは完全にむくんでしまっている証拠です。

むくんでいるときは、皮膚を傷つけたりしないよう注意し、できるだけ清潔にしておかないといけません。傷口から細菌が感染しやすいからです。

普段からもそうですが、むくんでいる時には特に気をつけてください。過労から来るむくみや不規則な生活習慣からくるものではない場合、病気のシグナルである場合もあります。

充分な睡眠や休息をとるようにして、利尿作用のある食品を充分に摂ると共に、カリウムを多く摂取するようにしましょう。症状が長引くようであれば、血液検査等を、病院で一度受けてみることをおすすめします。

むくみの特徴には色々ありますが、水とナトリウムが上手く排出されなくなることによってむくむ場合があります。

これは腎臓機能低下によるものです。

心臓の機能低下によるむくみもありますが、心臓の場合もやはり足からむくんできます。

これは静脈側に血液が溜まることによって起こるものです。

栄養障害によるものもあります。

タンパク質の摂取量が低下するとむくみにつながります。

これは低タンパク血症のために起こっています。

別のケースでは、血栓等で血管が詰まる事によって、その部分だけがむくむ血管障害を起こすということもあります。

血液の流れが妨げられてしまうと、強い倦怠感や、食欲不振などの症状がある場合もあります。

これは肝臓が肝硬変まで悪化すると出る症状です。

医学的な観点から、むくみの出る原因を解説していきますと、体内の組織など血管の外に、余分な水分である血しょう成分が溜まった状態のことを言います。

血しょう成分と言いますのは、血液が運んできた栄養分や酸素を、腎臓や肺などの組織に運んでいる、血液の液体部分のことなのですが、血しょう成分は、」通常、本来の役割を果たしますと、血液に戻っていきます。

どういったメカニズムなのか説明しますと、リンパ管と全身を巡るようにして動脈と静脈、二つの血管が、人間の身体には張り巡らされているのですが、なぜ余計な水分が溜まるのかを考えていきましょう。細胞間の細胞間液となっているのは、心臓がポンプとなって送り出した血液が身体の隅々まで、動脈を通って行き渡ることによってできる、血液の血液の血しょう成分です。

これが細胞に酵素や栄養を届けています。

酵素や栄養届けた細胞間液は、再び血液の血しょう成分となり、静脈やリンパ管を通って心臓に戻っていきます。

この時に二酸化炭素や老廃物も回収しています。

リンパに送られる細胞間液の量は静脈の働きが悪いと増えてしまいます。

静脈が詰まったり、所謂余分な水分である血しょう成分が溜まってしまうことによって、細胞と細胞との間に細胞間液が血管に戻らないまま、むくみとなって現れます。

つまりむくみというのは、細胞間液が血管に戻らず、リンパ液がスムーズに流れないことを言うのです。